ブログトップ

かたこと手帖

neji72.exblog.jp

ゆっくりと歩くはやさで。 アトリエサンゴさん

f0161703_21062889.jpg

 夕方、ひょんっと一人の時間をもらったので、滋賀県は大津にある、アトリエサンゴさんへ納品へ行きました。やっと行けたー。
ボート手ぬぐい「ぷかぷかぷーか」と、ビスケットサイズの布バッジです。ビスケットサイズはだいたい5センチくらい。布バッジのリンゴは、春らしくぼやーっとしています。軽いので、春のコートやワンピースにもぴったりやと思います。
f0161703_21065913.jpg
店主のhiruneさんにことわって、写真を撮らせてもらいました。サンゴさんの店内。いつきてもやわらかな光と時間。
f0161703_21071474.jpg
 行くたびにディスプレイが変わっていて、ピリリと刺激的でもあります。

f0161703_21064341.jpg
neji舎のハンカチやバッジも、hiruneさんのテキスタイルや、かわいい箱に囲まれて、心地よさそう。

f0161703_21072857.jpg

 窓辺も詩的。窓の下には、面白そうな古本がずらり。

☆アトリエサンゴ☆
滋賀県大津市中央二丁目6-20
毎月3と5と8の付く日そして木・金・土曜日にopenしています。10時から18時まで。
オリジナルファブリックを作る「hirune」の服や雑貨をはじめ、「corbeau et perle」の手作りカバンなどを中心に、アクセサリ、古本、布もの等々、魅力的なものが詰まったお店です。


 灯、ともしごろ。hiruneさんと、お店のこと、作ること、続けるということ。いろいろお話しました。
帰る道すがら思ったのは、ゆっくりと歩くはやさでしか進めないということ。ときどきたちどまったり、こけたりして。
そんな中で、ときおり、話し合える友だちがいるのはとてもありがたいことだなあ。それぞれがそれぞれの速度で歩いていて、いつも一緒にいるわけではないけれど、ふとしたタイミングで会えたりお茶をしたり。そんな時間って宝物やなあ。とりとめもなく考えながら家路につきました。
とおい「いつか」は毎日の積みかさねのむこうにあるんや。
 

 


[PR]
by neji72 | 2016-03-25 23:14 | おしらせ | Comments(0)
<< 小さな世界 片隅に >>