ブログトップ

かたこと手帖

neji72.exblog.jp

真夜中の

 
f0161703_5311746.jpg
だいどころ。梅仕事。
ほんのり紅い梅にぷつぷつと穴をあける。

この梅はこの間の日曜日、和歌山の御坊のみどりのみどりの梅林で、あの子やこの子やあの人の手でつみとられた。きっと今日やあした、あの子やこの子の手によって水につけられ洗われているはずだ。そしてシロップになったり、ジャムになったり、お酒になったり。それぞれの部屋で。

真夜中の台所でひとりだけれど、こうしてつながっている。つながっていく。

 その頃、隣の隣の部屋では旦那クンの手によって鮎が塩水に浸けられていました。
[PR]
by neji72 | 2010-06-07 23:29 | おうち | Comments(1)
Commented by よしえ虫 at 2010-06-21 13:43 x
コメントありがとうございました!お礼が遅くなってスミマセン^^;
梅ちゃんは仲間の日本語講師にもおすそ分けしました。とっても喜んでくれて、今頃は「梅ジュース」になっているでしょう。
サンナが「ネコ~ネコ~さわりたいぃ~ふわふわぁ~」と言っていたので、彼女が夏休みになったらお邪魔するかもしれません。その時は、またよろしくお願いしまするぅ~
<< DMできた   と  水中散歩 栴檀の木の下で >>