ブログトップ

かたこと手帖

neji72.exblog.jp

ことしも 梅月

f0161703_20352015.jpg大きいのや、小さいの、赤いほっぺたみたいなのや、ぽちぽちがついたもの。みんな違って、みんなかわいい。

ことしも、和歌山から梅がやってきました。この梅たちは家族で楽しく参加している梅いこらの林から来たのです。そうそう、去年は収穫に行ったんだった。そのころ、そよ(次女)はお腹のなかで豆粒ほどもなかった。一年が過ぎてまたこの季節がやってきたんだ。

ことしほど、空や山や、何もかもが、なつかしく思えたことはありません。なつかしいという表現はおかしいかもしれない。けれどもうまく言葉がでてきません。毎朝、ベランダから見るおっぱい山。季節ごといつも変化していて、その度に嬉しく思えるはずのもの。けれども、ふっとくらい気分になるときがあります。この景色を、子ども達にのこしていけるんだろうかと。自分でも情けないと思います。大人なのに。でもこれが今の正直な気持ち。

わたしにできることは肩の力をぬいて、坦々と生活を続けていくこと。でも何か変えていかなければ。その何かってなんだろう。考えていきたいのです。

今年の実りに感謝して。6月前半、まずは青梅から。
[PR]
by neji72 | 2011-06-05 20:36 | おうち | Comments(1)
Commented by よしえ虫 at 2011-06-11 22:24 x
梅ちゃん、よしえ虫のはもうビンの中…。おすそわけでアメリカ、モンゴル、韓国の学生さんへ…どうなったかな?今年も、良い香りと少し先の楽しみをいただけたこと、とってもとってもうれしいです。ありがとうございます~(*^v^*)
<< なつやすみだ 箱市 ありがとうございました ... >>